転職のポイントをおさえよう

看護師が他の医療機関への転職を考えたとき、今後の自分自身のためにも明確にしておかなければいけないことがあります。
それは転職をするはっきりとした理由です。
ここがはっきりとしないと、何度も転職をするはめになったり、面接でうまく理由を自分の考えを話せなくなったりすることもあるでしょう。
特に、転職が初めての人は何から始めれば良いのか迷うことが多々あります。
看護師の転職は当然現状よりも良い環境になることを考えるべきです。
また、転職の理由として、現状の勤務での肉体や精神的辛さを挙げる人がいる一方で、看護師としてのキャリアアップのために転職する人もいます。
ただ、キャリアアップとして専門看護師や認定看護師を目指すなら、転職するよりもキャリアアッププログラムを持つ1つの医療機関に勤務し続ける方が実現しやすい場合が多いです。

転職を考えたときに明確にしておきたいポイントとしては、自分が現状の職場で何に不満を持っているのかをハッキリとさせることです。
ここが明確になることで、自分が転職することによりどの部分に変化を求めているのかがわかります。
現状の職場を変わったとしても、看護師としての心の持ち方に変化がみられるかどうかは自分次第です。
他にも、転職理由としては夜勤を避けたい場合もあるでしょう。
そういった場合は、夜勤の無いクリニックや訪問看護への転職をすると良いです。
勉強会や委員会への出席に悩んでいるのなら、それらが比較的少ない、慢性期の患者さんを扱う病院への転職をおすすめします。