情報収集が転職成功の鍵

看護師が転職を成功させるポイントのひとつとして、「転職する前に正しい情報を収集しておく」ということが挙げられます。
正しい情報を得るためには、求人情報の見方も正しく知ることが大切です。
例えば、求人を見ると「完全週休2日制」又は「週休2日制」と記載されている場合があります。
一見するとどちらも週に2日の休日が設けられていると思う人がいるかもしれません。
しかし、実際には完全週休2日制は毎週2日間の休日がある事を意味している一方で、週休2日制の場合は週に2日の休日がある週が月に1回以上ある事という意味になり、2つの休日制度は異なっているのです。
そのため、週休2日制は月5日以上の休日しか確保されていないということなので、その点は注意が必要でしょう。

また、転職先を決める際は、病院の概要や特徴なども事前に調べておくことが重要なポイントです。
例えば、同じ病院でも民間の病院と大学病院では必要とされるスキルに違いがあります。
民間の病院の場合は、患者さんと接する機会が多いことから、看護師としてのスキルだけでなくコミュニケーション能力も必要となってきます。
一方、大学病院などの規模の大きい病院では、専門的な治療が導入されていることが多いので、専門的な知識や技術が求められます。
自分がどちらに向いているのかを考慮した上で、どちらが働きやすい病院かを明確にしておくことが大切です。
他にも、病床数と看護師の数もできればチェックしておきましょう。
病床数と看護師の数が分かれば、病院がどの程度忙しいかなどをある程度推測することができます。
民間の病院と大学病院では待遇も大きく違うことが多いので、あらかじめ希望を明確にしておくことが転職での収入アップに繋がるでしょう。